文字サイズ

会社情報

HOME > 会社情報 > すぐわかる大阪製鐵

すぐわかる大阪製鐵

新日鐵住金グループの中核電炉メーカー

鉄リサイクルを通じた循環型社会への貢献

 大阪製鐵グループは、新日鉄住金グループの中核電炉メーカーとして、山形鋼、溝形鋼、棒鋼、平鋼から軽軌条、エレベータガイドレールなど、多岐にわたる製品群をさまざまな産業分野に供給することで、人々の豊かな暮らしの創造を支えています。

 また、電炉メーカーとして、鉄資源の効率的なリサイクルプロセスを推進し、省エネルギーや省資源を通して環境保全と循環型社会へ貢献することで、社会との一層の共生に努めています。

電炉工程プロセス

一般形鋼を中心に条鋼系分野における
業界トップクラスの優良企業

エレベータガイドレールは、国内で圧倒的に高いシェアを誇り、
「安心・安全・快適」を支えています。

 大阪製鐵グループは、お客様ニーズに対応した新商品や高機能商品の開発を探求し、国内シェアナンバーワン商品であるエレベータガイドレールや鉄塔材等の商品力を一層高め、お客様からの「大鐡指定」を更に拡大し、国内のみならず海外での新市場開拓に努めています。

上海

効率的な営業・生産・物流体制を構築し、
省エネ・コスト対策を推進

国内グループ事業でシナジー効果を発揮

 大阪製鐵グループは、関東・関西・九州での各生産拠点が、立地や特徴・強みを活かすことで、グループ全体での最適生産化と連携効果(シナジー効果)の発揮を図っています。さらに、今後も徹底的な省エネルギー対策や生産性向上対策を推進し、コスト競争力を更に強化していきます。

拠点

成長戦略の着実な推進

今後成長するアジアでの需要拡大を狙い、海外へ進出

 大阪製鐵は、拡大する鋼材需要を捕捉するために、インドネシアに大阪製鐵とインドネシア国営製鉄会社であるPT. KRAKATAU STEEL (PERSERO) Tbkとの合弁会社であるPT. KRAKATAU OSAKA STEEL(KOS社)を設立しました。

 KOS社は、インドネシア唯一のコンバインドミル(中小形形鋼・異形棒鋼複合製造ミル)による高い生産性、優れた品質・商品力を誇っています。また、大阪製鐵グループから良質鋼片の安定供給を受ける等の優位性を活かしながら、「インドネシアとともに成長」というスローガン通り、更なる発展を目指します。

KOS

業界屈指の収益力と、優良な財務体質

 大阪製鐵が属する普通鋼電炉業界は、主原料のスクラップ価格及び主要製品の市況変動が大きく、これにより業績が大きく影響されます。しかし、経営基盤の長期安定に向けた揺るぎない財務体質の構築を進め、堅実かつ効率的な経営を行うことで、15年以上連続黒字経営を継続し、高い自己資本比率など優良な財務体質を築き上げています。

自己資本比率